読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森のようちえん てとて & おやこ組 ぱちぱち

東京都江東区の都市公園を中心に活動しています

「森のようちえん てとて」&「おやこ組 ぱちぱち」って?

「森のようちえん てとて」&「おやこ組 ぱちぱち」

~自分も仲間もそのままを楽しめる場所~

都会の子育ては、窮屈。

子どもがケンカした時、相手の保護者にどうしたら?
自然に触れたいけど少ないし、泥んこ遊びも周りの目が気になる・・・。

でも江東区には、辰巳の森公園や晴海埠頭公園など遊べる自然が実はあります。

小さな茂みは秘密基地や迷路に。
海から来る風を思いっきり受けてニコニコ満足。
子どもって、どこでも、どんなことでも遊びにしちゃう。

そう、かつて私たちもそうだったよね。
ケンカも大事な経験だった。
自分の氣持ち、相手の想い、いっぱい感じること。
社会性は、乳幼児期に子ども同士の「輪」の中で深く体得出来ていく。
そしてその「輪」で、思う存分遊びを創り出し、熱中する。

その「輪」を、この地域の共通の想いを持ったママたちで創っていきます。

友だちと自然の中で目いっぱい遊んで、自分をありのままにそのままに発揮したときの子どもたちの清々しい姿を、多くのママと味わいたいです。

まずは資格などを持っているママたちと「輪」を整えていきます。
現在有資格者は5人。

活動が発展して保育力が育ってきたら、資格を持っていないママも希望すれば、研修を重ねて保育者になってゆけます。

そしていつかは、
「地域全体の大人で地域全体の子どもを見守る。地域は大家族。」
が理想です。

遠い未来になるか、近い未来になるかは、私たち次第。

子ども一人一人の成長したいという想い。
内側から溢れ出てくる興味に添ってやり切るときの集中力、習得力は、やらされて行う同じものとは比べものになりません。

「輪」の実践のひとつである「森のようちえん てとて」&「おやこ組 ぱちぱち」では、
その子それぞれのプロセスを、その子のペースで見守ります。
一見、時間のかかる行為に見えますが、一番の近道です。

その様はときに冬の寒さを凌いで一気に咲く桜のよう。
一緒にその桜の感動を味わいませんか。

さあ、私たちと、てとてを繋いで。


次回の活動のお知らせをLINE@で流しています。
お友達登録してくださいね☺
https://line.me/R/ti/p/%40mnv1304k


‡‡そして姉妹活動もあります‡‡

子どもをしっかり見守る、待つには、ママが疲れを癒し、元気になるのも大切。

「憩いの森 わのまま」は、
ママがゆったりと、「自分のそのまま」を心地良く思えるよう、大人を楽しむ活動です。
ワイワイと、時には真剣に、共に遊びましょう✨

人見知りのママも、人付き合いに良いイメージを持っていないママも、試しに一度遊びにどうぞ✨
皆、ゆるりとお待ちしてます❤

憩いの森 わのまま LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40bzz3674j